手の専門医手外科について

手外科は手に関する疾患を診察したり治療したりする科です。

専門的には上肢機能再建外科と呼ばれ、手の骨や腱、靭帯、皮膚などに症状が現れている人の手を治療します。



手は骨や筋肉、神経などが複雑に入り組んだ構造をしており、その構造を良く理解し、さらに細かな手術を行うための技術を習得していないと別の組織を傷つけてしまったり、あるいは術後障害を残してしまう可能性があり、このことから手外科認定医制度が用意されています。

この認定医は整形外科や形成外科の専門医資格を取得した後特別な研修を受け、さらに専門医試験に合格することで初めて名乗れるようになります。


このため認定医は手だけでなく整形外科や形成外科の知識も有しているスペシャリストであると言えます。

手外科が診療する主な疾患や症状は腱鞘炎や野球肘、リウマチによる諸症状、さらに骨折や脱臼などです。

手外科の有益な情報の紹介です。

長引く症状や治療を受けてもなかなか治らない症状などを主に請け負うため、骨折や脱臼のような急性症状の場合では先に近隣の整形外科を受診し、その際手外科専門医を紹介してもらうのが一般的な流れとなっています。

最近の4yuuu!ついてはこちらのサイトでご確認ください。

手外科では症状や現在の状態をチェックし、必要であると判断されればすぐ手術が行われます。


また外傷などにより切断されてしまった指を再建する際にはマイクロサージャリーと言う特殊な顕微鏡を用いた手術が実施され、さらに術後には専門の知識を用い指が正常に動かせるようリハビリテーションが行われています。